キクデンインターナショナル

(大豆由来)
天然エステル油ー envirotemp® FR3®について ーPICK UP

  • TOP
  • ピックアップ(FR3®)

選ばれるカーギルのEnvirotemp®絶縁油

国際的に認められたエステル液体のエキスパートであり、世界のサプライチェーンマネージャでもあるカーギルは、世界中の電力会社、各種産業、変圧器製造企業向けにEnvirotemp® FR3®天然エステル絶縁油およびEnvirotemp®200合成エステル絶縁油の両方を提供し、FR3®は世界の200万以上の変圧器で利用されています。

キクデンインターナショナルは日本国内の総代理店としてFR3®の販売を行っています。

カーギルの提案

優れた環境上の利点

生分解性に優れ、無毒で環境保護に役立ちます。

FR3®は信頼性の高い性能と耐火性の向上を提供するだけでなく、環境保護に役立ちます。

  • 100%再生可能な植物油由来
  • 米国環境保護庁(EPA)の指定に基づき生分解が可能(図1)
  • 非毒性(経口毒性試験、水生毒性試験)
  • 石油、ハロゲン、シリコン、硫黄、PCB 不含有
  • 二酸化炭素排出量:削減(鉱物油と比較して1/5~1/6の二酸化炭素排出量)
  • Building Environmental Economic Sustainability(BEES)ライフサイクル分析に基づくカーボンニュートラルを形成(図2)
図1 生分解性試験 OECD301B(試験日数:28日)
  生分解性 漏油対応
FR3® 99%以上 生物解性であるため環境への影響が小さく処理コスト小
鉱油 23% 汚染(土壌や海洋)処理コスト大
図2 カーボンニュートラルイメージ

認証について

エコマーク認証取得

エコマークは「第三者認証による自主的な環境ラベル」であり、(財)日本環境協会がISO14024の規定に則って運営し環境保全に役立つと認められる商品につけられるマークです。

安全性の向上

引火点が320℃で難燃性、防火性に優れています。

カーギルFR3®液体の火点は360°Cで、これは鉱油の2倍以上です。これにより、特にレストラン、ショッピングモール、都市コミュニティなどの人口密集地域での変圧器の火災安全性が大幅に向上します。導入以来、FR3流体で満たされた変圧器での火災関連の故障は報告されていません。
カーギルFR3流体は、Underwriters LaboratoriesによりKクラスの低引火性流体として分類され、FM Globalによって承認されています。

  引火点 発火点 適用される消防法 消防法上の指定数量
鉱油 146℃ 152℃ 第4類第3石油類 2000L
FR3® 320℃ 360℃ 指定可燃物(可燃性液体類) 2000L

※引火点、発火点の測定方法はASTMD92 またはISO 2592による
※指定可燃物の貯蔵、取扱いの基準は消防法第9条4の規定に基づき、市町村の条例によって定められています

認証について

UL認証取得
FM認証取得

FM認証とはFM Approvals(第三者認証機関)による客観的な難燃性基準に基づく検証で適合していると認められたもので火災損害防止に役立つ製品であることを示す指標の一種です。

性能の向上と経済性の追求

絶縁紙の劣化抑制ならびに耐熱性向上により変圧器の高温化、小型化が可能です。

FR3®は保持された水分を引き出し、紙の劣化によって放出される水分を吸収する独自の能力を備えているため、寿命を5~8倍延長します。また熱にさらされたときに紙の分子が切断されることを防ぎます。これらの特性により、過負荷性が増加し、変圧器の絶縁寿命、交換周期の長期化が期待できるため、ライフサイクルコストの低減が可能です。

絶縁紙劣化比較
FR3®を使用した場合、絶縁紙の耐熱クラスを上げずに高負荷運転できる(IEEE Std C57.154-2012)
負荷容量比較
引用;Cargill Presentation Customers

1990年代の商用化以降長期の信頼性を確認しています。

(例)過酷な条件下での長期運転実績(解体検証)

定格容量45kVAの変圧器を平均82kVAの過負荷で12年間運転(期間中のコイル平均温度上昇85℃)した変圧器の分解結果

厳しい条件下での信頼性を確認

  • 絶縁紙の平均重合度915
  • コア、コイル外観、導体ワニス、内面塗装など異常なし
  • FR3®の特性値は水分量が僅かに許容値より増えているものの他は新油と同等、初期のライトグリーン色を維持
  • タンク底にスラッジ、沈着物なし
FR3®の特性
項目 FR3代表値 ASTMD6871(規格) IEC 62770(規格)
密度(20℃)g/㎤ 0.92 - ≦1.0
引火点(COC)℃ 320〜330 ≧275 -
流動点℃ -18〜-23 <-10 <-10
粘度(40℃)mm²/s 32〜34 ≦50 ≦50
生分解性 生分解 生分解 生分解
絶縁破壊電圧
(2.5mm gap)kv
73(実力値82) - ≧35
誘電正接(90℃)% 0.02 - ≦0.05
腐食性硫黄 不含 不含 不含
水分 mg/kg
4〜50 ≦200 ≦200
酸価 mg/KOH/g 0.013〜0.042 ≦0.06 ≦0.06
PCB 不検出 不検出 PCBフリー
酸化安定性(48h 120℃)
全酸価 mg KOH/g
0.1 - ≦0.6

安定供給と豊富な実績

大豆加工過程の副産物である搾油を有効活用しています。

大豆搾油拠点は世界各所にあり、 安定して持続可能な供給体制を構築しています。

FR3®製造拠点
世界の大豆生産量ランキング
(単位:千t)
1位 アメリカ 106,934
2位 ブラジル 100,000
3位 アルゼンチン 59,000
4位 中国 11,800
5位 パラグアイ 8,800
6位 インド 7,500
7位 カナダ 6,235
8位 ウクライナ 3,932
9位 ウルグアイ 3,110
10位 ボリビア 3,100
農林水産省ホームページ:
生産と消費量で見る世界の大豆事情参照
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1606/spe1_01.html

豊富な実績

日本国内は2014年商用適用以降、2018年末時点で400トン以上の供給実績があります。
海外は米国を中心に世界で約200万台以上の変圧器で使われており、稼働中の変圧器への絶縁油代替(レトロフィット)も1万台以上の実績があります。


お問い合わせください。

E-MAIL

メールによるお問い合わせ

お問い合わせ

TEL

お電話によるお問い合わせ

045-474-2206